太りにくい食品と太りやすい食品を見分けて痩せよう!

太りにくい食品と太りやすい食品を見分けて痩せよう!魚介類編

栄養,魚介,エネルギー,サプリメント,GI値

 

 

 

 

 

 

魚介類のGI値とエネルギー量

 

 

・さんま GI値:良 エネルギー:可

 

EPA、DHAのほか、皮や内臓にも ビタミンAやB2、鉄、マグネシウムなどが 多く含まれている。

 

 

 

・まぐろ(赤身) GI値:良 エネルギー:良

 

赤身は鉄分やタウリン、タンパク質が豊富。 トロの部分はEPA、DHAは多いけれど、高カロリー。

 

 

 

・ぶり GI値:良 エネルギー:可

 

脂がのっていて、EPA、DHA、カリウムが豊富。 焼いて脂肪分を落として食べるのがお勧め。

 

 

 

・あじ GI値:良 エネルギー:良

 

青魚の中では脂肪が少なめで、 血管の若さを保つために有効な タウリン、EPA、DHAが豊富。

 

 

・いわし GI値:良 エネルギー:良

 

EPA、DHAの含有量はトップクラス。 亜鉛やクロムも豊富。 骨ごと食べればカルシウムも豊富に摂れる。

 

 

 

・さば GI値:良 エネルギー:良

 

脂質が多く、コレステロールや中性脂肪を減らす EPA、DHA、ビタミンB群、Eも豊富。

 

 

 

・うなぎ GI値:良 エネルギー:可

 

栄養素は抜群だが、高エネルギーなのが傷。食物繊維の多い食材と組み合わせることが必須。

 

 

 

・どじょう GI値:良 エネルギー:優

 

ビタミンB2と鉄の含有量はうなぎ以上。 骨ごと食べられるので、カルシウム源としても 重宝できる。

 

 

 

・ししゃも GI値:良 エネルギー:良

 

カルシウムが豊富で、カルシウムの吸収を高める ビタミンDも豊富。 頭から尻尾まで丸ごと食べるのが良い。

 

 

 

・かつお GI値:良 エネルギー:良

 

タンパク質のほか、女性に不足しがちな鉄分が豊富。 香味野菜を添えることで、臭みが苦手な人にも最適

 

 

 

・さけ GI値:良 エネルギー:良

 

身の赤い色素は抗酸化物質で、活性酸素から 体を守る働きがある。 ビタミンDの含有量も豊富。

 

 

 

・たら、かれい、ひらめ GI値:良 エネルギー:優

 

低脂肪、高タンパクで糖質や脂質の代謝を高める ビタミンB2も豊富。

 

ダイエットに最適な食品。

 

 

・えび GI値:良 エネルギー:良

 

栄養,魚介,エネルギー,サプリメント,GI値

タウリンを多く含む。 殻ごと食べられる桜エビや芝エビならば、 カルシウムや食物繊維も豊富。

 

 

 

・かに GI値:良 エネルギー:優

 

カルシウム、亜鉛、ビタミンB群、タウリンなど えびより豊富に含む。食物繊維の一種、キチン質も豊富。

 

 

・あさり GI値:良 エネルギー:優

 

血糖値を下げる働きのあるクロム、亜鉛、 ビタミンB群のほか、カルシウムや鉄も含む。

 

 

 

・しらす、じゃこ GI値:良 エネルギー:良

 

栄養,魚介,エネルギー,サプリメント,GI値

カルシウムやタンパク質の宝庫。 酢やレモンと組み合わせれば、 カルシウムの吸収率が高まる。

 


健康関連リンク

にんにく玉ゴールドを飲んで効果を実感した人の多くが「目覚めがすっきりした!」とのこと。その詳細をご紹介します。

 

効果を実感しよう!ゼクノリンを服用することで期待できる効果は「ペニス増大」と「勃起力増強」などがあります。

 

胸が大きくなるというバストアップ用サプリ、ピンキープラスの口コミや評判などを詳しくお伝えしていきます!

 

ニキビ跡の治療として有名なリプロスキンの効果徹底検証してみた。これから使ってみたいという方はぜひご覧ください!

 

海乳EXの効果をご説明していきます。1袋に牡蠣(かき)が大量に使用されているのが特徴です。

 

今現在、話題の「善玉菌のチカラ」の効果はどのようなものなのか、そしてその口コミは正しいのか。徹底解析してみます。

2015/11/11 19:16:11 |
「グルコサミン」※グルコサミンは生まれたときからどんどん減っていきます。赤ちゃんのときのグルコサミンの生成力を「100」とすると、20才で半分の「50」になり、50代になると、5分の1の「20〜10」程度にまで減ってしまいます。グルコサミンは軟骨を作るのに必要な「コンドロイチン」や、肌を潤わせる「ヒアルロン酸」を作る大元なのでグルコサミンが減少すると、「ヒアルロン酸」や「コンドロイチン」の量も減ってしまうのです。骨と骨の間のクッションの役割をする軟骨を形成しているのが「コンドロイチン」です。そして、お肌の潤い成分を貯め込む役割をしているのが「ヒアルロン酸」ですが、この2つの成分を生成しているの...
2015/11/11 18:56:11 |
キューテン1,「コエンザイム Q10」※20才頃から低下しはじめ、40才を過ぎた頃からは、体内生成能力が急低下!コエンザイム Q10(キューテン)は、人間が生きていくために必要なエネルギー(アデノシン3リン酸・ATP)を生み出すのに欠かせない栄養素で、「筋肉を動かす」「呼吸をする」「心臓を動かす」などの生命維持に必要なエネルギーATPを生みだします。また、体を細胞レベルで活性化する働きを持つため、美容にも良いということで、美容医学からも注目されています。コエンザイム Q10は、体力の低下を防ぐので、摂っていただきたい栄養素です。青魚や牛肉などさまざまな食品に含まれていますが、必要量を摂取するた...
2015/11/11 18:11:11 |
・いか GI値:良 エネルギー:良低エネルギー、高タンパク食品。 亜鉛やビタミンB群、コレステロールを減らす タウリンも豊富。・たこ GI値:良 エネルギー:良糖質や脂質の代謝を促すビタミンB群や タウリンはいかより豊富。 血圧を低下させる成分も含む。・はまぐり GI値:良 エネルギー:優吸い物の具などにつかわれるはまぐりは、 カルシウム、鉄、タウリン、ビタミンB群が豊富。・たらこ、いくら、すじこ GI値:良 エネルギー:良EPAやDHAが豊富。 塩分が強く、そのまま食べると ご飯がすすんでしまうので注意が必要。・かまぼこ、ちくわ、つみれ GI値:良 エネルギー:良主成分は魚のすり身であり...